大鳥れいブログ

大鳥れいブログ

http://ohtorirei.blog46.fc2.com/

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*時は幕末そして1945年

2007/09/25*Tue*

200709250018522
20070925001852
最後の休演日を長崎で過ごすことができました。昼はおすすめの皿うどん(激ウマ)を先輩でNLTという劇団の尊敬する先輩、葛城ゆいさんに(元ジェンヌ)ご馳走になり幸先の良いオフ日スタートになった。

その後グラバー園(蝶々夫人の舞台となった港の見える丘に建つ邸宅で幕末のきん志士をかくまったといわれている)と、そこから坂を下ってすぐの大浦天主堂を見学し海風と太陽にたっぷりあたった。

そこで坂の上の住人であるおじさんに出会った。おすすめのスポットを事細かに説明してくださり、原爆の悲惨な体験、当時学徒動員で郊外にいたので頭に怪我を負うだけで済んだけど、その後放射能を浴び髪の毛が抜けた事など貴重なお話を聞く事が出来た。
初めて生の声を聞き改めて戦争の悲惨さを感じると共に、今こうして平和に生きていられるのは先人達のご苦労あっての事なのだと感じました。おじさんには内緒で、大変な時代を生きてこられたけど、今こうして素敵な笑顔で一生懸命お話して下さる姿をパシャりさせて頂きました。

おじさん、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト


- 未分類 - Permalink - Comment:2 - TrackBack:0 - TOP ▲ -

*Comment.

グラバー邸、学生時代に訪れた記憶があります。オペラ好きの私にとっては、やはり「「蝶々夫人」の舞台」です。
母から戦争の話を聞くにつれ、本当に、今、この平和な日本に生きていられる幸せを、つくづく感じます。
私も昔、5月に修学旅行でグラバー邸を訪れた事があります。
帰って学校の宿題で
「風薫る オランダ坂に 白き蝶」と詠みました。
マダムバタフライもみどりちゃんに似合いそうです。
*Comment form.









       
*Trackback.
トラックバックURL
→http://ohtorirei.blog46.fc2.com/tb.php/236-40f99b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。