大鳥れいブログ

大鳥れいブログ

http://ohtorirei.blog46.fc2.com/

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*お芝居のお知らせ

2012/06/08*Fri*

とてもさわやかです。窓を全開にして心地よい風を感じられる季節となりました。

いかがお過ごしでしょうか?

我が家の猫様もあたたかいのでご機嫌で、窓際のぬくもりでお昼寝を楽しんでいます。この季節はとてもすごしやすく、大好きです。

さて

お芝居のお知らせをさせてください。

新しい挑戦をさせて頂ける事になりました。たった一日きりの公演です。
一回の公演に全てを集中出来るという私にとって初めての試みです。

「悲しみよこんにちは」で一世を風靡したフランソワーズ・サガンの戯曲
「棘」のエリザベットを演らせて頂きます。登場人物は3人のみ。

能楽堂という異空間でとても不思議な世界観になる事と思います。
私自身、とても楽しみな一日となりそうです!

一日きりの公演。
是非いらしてください。

<h4 style="padding-top: 0px; padding-right: 0px; padding-bottom: 0px; padding-left: 0px; margin-top: 0px; margin-right: 0px; margin-bottom: 10px; margin-left: 0px; border-bottom-style: solid; border-bottom-width: 1px; border-bottom-color: rgb(0, 51, 102); ">フランソワーズ・サガン作 
とげ(棘) L’ECHARDE</h4>
キャスト

エリザベット……売れないが心優しい(元)女優。交通事故のため体と心に障害をきたしている。演劇への情熱は今も一汐。

ルシアン…………ホテルのルーム・ボーイ。入試に失敗し、田舎から出てきたばかり。演劇が大好き。

イヴァン…………エリザベットの愛人だが、今の二人の関係にうさうさしている。野心も希望もあるが、満たされていない。影のある二枚目。



ストーリー
夏のヴァカンスも終わりに近いころ。閑散としたパリの場末のホテル。滞在客の自称「女優」エリザベットと、田舎から出てきたばかりのルームボーイ、ルシアンが出会う。エリザベットは売れない女優だったが、数年前の交通事故が元で身体と心に障害をきたしている。愛人である青年、イヴァンがときどき面倒を見に来るが、二人の仲もそろそろ終わりに近い。演劇好きの少年、ルシアンのために、エリザベットはイヴァンを引き込み、『椿姫』の試演会を催すが、気持ちの行き違いがそこであらわとなり、イヴァンは去ってゆく。 エリザベットの演劇に寄せる情熱に感動したルシアンは、絵空事とわかっていながらも、彼女を先生として立て、空いている時間に芝居の稽古をつけてくれるよう提案する。

日時:7月8日(日) 午後3時開演(終演4時10分) *開場は2時半です
会場:銕仙会能楽研修所 tel 03-3401-2285
   地下鉄表参道A4出口左に150メートル。ヨックモックの向かい。
料金:前売り 3,500円  当日4,000円
主宰:SFプロジェクト


ご予約、ご質問reiootori1106@yahoo.co.jpまで
件名に「棘チケット」と入れて頂き

 電話番号、お名前、枚数、ご記入し上記のアドレスに送信下さい。</article>
お待ち致しております。</article>





</article>

スポンサーサイト


- 未分類 - Permalink - Comment:2 - TrackBack:0 - TOP ▲ -

*Comment.
おめでとうございます
すばらしい企画ですね!女優さんとして、とても有意義なチャレンジとなるのでは?
もちろん伺います!今から待ち遠しいです。
一幕ものであっという間の時間でした。
たった3人の芝居なのに面白いですねえ。
ほぼでずっぱり、台詞も大量で、準備も
大変だったかと思いますが、それだけの
価値のある作品だと思います。
*Comment form.









       
*Trackback.
トラックバックURL
→http://ohtorirei.blog46.fc2.com/tb.php/600-53140644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。